快適に過ごすための便秘対策。あなたはどの方法で解消していますか?

2013年05月22日

便秘対策 便秘の原因はどんなこと?

特に女性に悩んでいる人が多いと言われる便秘の症状。
便秘対策をする上で、原因を考えてみましょう。

通常、胃から腸へと運ばれて消化された食べ物には
水分が多く含まれています。

大体約20時間以上かけて、ゆっくりと腸内を通っていくうちに
水分が徐々に腸に吸収され、適度な硬さとなり、排出されます。


しかし
この行程のときに体がストレスなどの影響を受けている、
腸の動きに異常が起こってくるのです。
それが便秘原因となります。

便秘原因となる腸の動きの異常はさまざまな理由から引き起こされます。


そして便秘原因は大きく分けて、
毎日お通じがない便秘(腸管移送時間遅延型)と
便がうまく出せない便秘(便排出障害型)の2タイプに分けられます。



■毎日お通じがないタイプの便秘原因
食事をした後は大抵の場合、
便としてお通じがあるまでに24-48時間かかりますが、
3日以上経ってもお通じが来ないのがこのタイプ。

胃に入った食へものは約6時間経つとで大腸の近くに達しますが、
この大腸の働きが弱いとお通じになるまでに時間がかかり、
便が大腸に貯まってしまいお腹が張ってきます。

大腸の終わりの方にある直腸に便が貯まるともよおしますが
こうなると大腸で止まってしまうため、便意をあまり感じなくなります。


■便がうまく出せないタイプの便秘原因
排便の仕組みは、直腸に便が貯まってもよおし、
お手洗いで肛門の筋肉を緩める用になっていますが、

このタイプは排便の際に直腸のポケットみたいな部分に便が貯まってしまったり、
肛門の筋肉が緩まなかったりして、
もよおしてはいるのに便が出せないという状態になってしまいます。



すっきりと便が出なかったり、
何かまだ残っているような不快感も長く続きます。


このタイプの便秘が起こる理由はいくつか考えられますが、
大きく分けると物理的障害がある場合(器質制便秘)と、
排便機能がうまく働かないメカニズム的に障害がある場合(機能性便秘)とがあります。

ちなみに機能性便秘の原因としては、

・繊維の少ない偏った食事もしくは小食
(過度のダイエットなど)
・ 睡眠不足
(排便をコントロールをする自律神経が不安定になるため)

なども上げられます。




posted by 便秘対策ガイド at 15:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 便秘対策 原因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。